タグ『幼児』のページ一覧

個人差はありますが、子どもは1歳頃から大人と同じ運動動作が出来るようになり、5歳頃にはすべての運動形態が出揃います。幼児期に全身を思い切り動かす習慣をつけておくと、体の正しい使い方を感覚的に覚える事が出来て、ケガをしにくくなります。また、日中しっかりと運動する事によって程良い疲れを得られ、夜の入眠もスムーズになり自然と生活のリズムが整えられます。

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG